東京圏人ふるさとへの旅 JAPAN観光 滋賀県

古都大津京を開かれた天智天皇をまつる神社

近江神宮 漏刻祭

期間毎年6月10日 漏刻(水時計)を創設して時報を開始されました。

場所・交通近江神宮

開催・施設滋賀県大津市神宮町1-1

PR近江神宮のご祭神・天智天皇は、時を認識することが社会文化の発展に不可欠のものとお考えになり、ご治世の10年、その都・近江大津宮に漏刻(水時計)を創設して時報を開始されました。

近江神宮社務所

電話:077-522-3725

近江神宮 時計工房

期間時計館の一角に時計修理の工房

場所・交通近江神宮

開催・施設滋賀県大津市神宮町1-1

PR近江神宮では近江時計眼鏡宝飾専門学校を経営し、多くの優秀な時計技術者を輩出しています。あわせて時計館の一角に時計修理の工房「時計工房」が設けられています。

近江神宮社務所

電話:077-522-3725

近江神宮 かるた祭・かるた開きの儀

期間毎年1月上旬 成人の日の前日の日曜日

場所・交通〔会場〕近江神宮神座殿(かみくらでん)

開催・施設滋賀県大津市神宮町1-1

PR小倉百人一首巻頭歌ゆかりの近江神宮で、天智天皇御製「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」を読師が神前で朗誦し、采女装束を着用した4名の取姫がかるたを取り「かるた開きの儀」を行います。

近江神宮社務所

電話:077-522-3725