東京圏人ふるさとへの旅 JAPAN観光 和歌山県

熊野交通瀞峡観光船、熊野速玉大社、御船祭、権現山(神倉山)

三輪崎の鯨踊り

期間毎年9月中旬 三輪崎の鯨踊りは別名を「捕鯨おどり」:三輪崎八幡神社の例大祭

場所・交通三輪崎八幡神社

開催・施設和歌山県新宮市

PR市内三輪崎は、熊野灘に面する漁港で、ここに伝わる鯨踊は別名を「捕鯨おどり」 ともいい、鯨をとる様子を踊りに仕立てたものである。約300年前、当時この地の領主水野氏が、京都の公家に鯨の肉を献上した際に鯨おどりとして整えたといわれている。

新宮市役所 商工観光課

電話:0735-23-3357

御船まつり : 熊野速玉大社の例大祭

期間毎年10月16日 紀南地方随一の船祭

場所・交通熊野速玉大社(JR新宮駅から徒歩15分)

開催・施設和歌山県新宮市新宮

PR 熊野速玉大社の例大祭。 美しい神幸船を先導する形で、熊野川を舞台に繰り広げられる、9隻の早船競漕は、源平 の合戦で勝利に導いた熊野水軍の勇姿を今に伝えている。 昭和39年5月、県の無形民俗文化財に指定。(10月16日)

新宮市役所商工観光課 観光係

電話:0735-23-3357

お燈まつり : 神倉神社の例祭

期間毎年2月6日 お燈まつりは男のまつり

場所・交通神倉神社(新宮駅から約15分)

開催・施設和歌山県新宮市神倉1-13-8

PR毎年2月6日夜に行われる神倉神社の例祭で古代以来の熊野山伏の伝統をもつ。 白装束に荒縄を締め、御神火を移した松明をもって、神倉山の山頂から急な石段を かけおりる男の火まつりである。

新宮市役所商工観光課 観光係

電話:0735-23-3357